忍者ブログ
モノころがし

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

聖剣伝説4 第3章 【4】

「…何してんの、こんなとこで」
 同時刻。
 アニスを探してまわっていたグランスは、友人にとっ捕まっていた。
「お前、巫女様んとこ行ったんじゃなかったのかよ?」
 どうやら、樹の洞まで探しにきていたらしい友人である。
 しかし。
 言えない。
 まさか、巫女様が行方不明で、探してる最中ですなんて。
「えーと、そちらこそ何故ここへ? へばってたんじゃないんですか」
 質問し返して誤魔化してみる。
 友人は沈痛な面持ちでうつむくと、
「ばぁちゃんに見付かった。
 叩き起こされた。というか殴られた」
「…それはご愁傷様でした…」
「まあ、それはともかく」
 似合いもしない咳払いひとつ。
 友人な言いにくそうにグランスの顔を窺い、ややあって口を開いた。
「お前さ…」
 友人の問いはしかし、最後までつむがれることはなかった。
 突如起こったのは、風。
「精霊…?」
 守人ならば身に馴染んだ精霊のつむじ風、それが、普通ならばありえないくらいの凝集された重みで吹きわたり、そして唐突に止んだ。
「一体……」
 顔を見合わせるグランスと友人、その後ろで不意に茂みが揺れる音がした。
 振り替えればそこ立っていたのは、
「………!」
 蒼白な顔をした、アニスだった。
PR

次のページ

Material by 箱庭マナ工房 / ATP's 素材置き場  Powered by [PR]
忍者ブログ