忍者ブログ
モノころがし

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

聖剣伝説4 氷狼の子【4】

「ストラウド」
 名前を呼ばれて振り向いた。
 自分をそう呼ぶのは、もともとはこの人ひとりだけだった。
 よけいなのが、最近ひとり増えたけれど。
「はい。父上」
小さく会釈して、父王の足下に膝を折ると、いい、というように手を振り、このロリマーの王はストラウドをまっすぐに見据えた。
「最近……どうしている。
 学問は? 剣の稽古はすすんでいるか」
 聞かれたのはほんの当たり障りのないことばかり、それでも生まれたときから王宮育ちのストラウドには、言葉の裏を読もうとするクセがついている。
 父王の意図がどこにあるのか、わかりもせずに不用意な受け答えは禁物だった。
「…はい」
 結局、小さな応答で済ませ、父王の次の言葉を待つことにした。
 少し、違和感があった。
 父王が何か、ためらっているように感じた。
 勇猛果敢、先の皇統の危機を自ら救い、この国に絶対的な秩序を打ち立てた王が、ためらい?
 小さな不安を押し隠してみつめるストラウドの視線の先、王はややあって、おもむろに言葉を継いだ。
「剣の稽古を……義母につけてもらっていると聞いたが」
 これか、と思った。
 覚悟はしていた。言葉も用意していた。問題は、ない。
「はい、義母上は剣術に長けた歴戦の方と伺いました。
 義母上が稽古をつけて下さるというので……」
 それだけです、と、最後に少し言葉を強めて言う。
 父王はその言葉に、どこか拍子抜けしたような表情を一瞬見せた。
 不思議だった。
 安心してくださると思ったからだ。
 自分は、母親のぬくもりに甘えているわけではない。
 そう理解してもらえれば。
 そうすれば、父王は安心して

 きっと、今のままでいることを許して

 ……自分は今、何を考えた?
 何か大きな間違いを犯したように感じて動揺するストラウドは、父王の次の言葉にはっと顔を上げた。
「そうか」
 言葉は短かった。
「それなら、いい」
 その中に何が含まれているのか、ストラウドには分からなかった。

PR

次のページ

Material by 箱庭マナ工房 / ATP's 素材置き場  Powered by [PR]
忍者ブログ