忍者ブログ
モノころがし

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

聖剣伝説4 氷狼の子【6】

 かつて自分が迷ってしまったばかりに、失ってしまった多くの命。
 迷うことを許されないその立場。
 そのために味わった多くの苦しみ。
 それを知るが故に、自分の跡を継ぐ者にはそんな思いをさせたくないと思うこと、迷わずに済むよう、幼いうちから強く育てようとすること、それは確かに、父王なりの愛情だろう。
 それは、わかる。理解は、できる。
 それでも。
「ストラウド」
 声をかけると、ビクっとして、そして振り向いたその顔には、まずいところでみつかった、というような顔。
 苦笑した。
「そんなとこで何してるの」
「べつに」
 そっぽを向く彼の後ろで、この間一緒に摘んだ花が花瓶におさまっている。
 風もないのに小さく揺れていた。
「お花。気に入った?」
「全然」
 そう、と笑うと横に並んだ。
「また一緒に植えようね」
「……」
「これからもさ、ずっと」
 返事はない。
 花に手を伸ばし、一輪かざした。
「ああ……。染まったね」
 白い花は、薄紅へとその色を変えていた。

 ときは降り積む。
 永遠を望む者にも、分け隔てなく。

PR

次のページ

Material by 箱庭マナ工房 / ATP's 素材置き場  Powered by [PR]
忍者ブログ